頑張る大垣のちびっ子たち 「垣っ子」 フェンサーのサイトです。

”大垣ジュニアフェンシングクラブ”

「垣っ子」フェンサーは、今日も明るく、
楽しく、元気よく練習に励んでます。


鳥羽パールカップ (平成27年3月22日)

 気が付けば、11月に俊輔がハンガリー遠征に行った写真を掲載して以来の更新(汗)

 今回、小学生4人、中学生2人の6人が出場しました。

 結果は…、

   中学生女子の部     3位   北村 優芽

   小学1〜3年女子の部  準優勝 米山 心絆

 パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

     今回のメンバー

 小学生の子ども達がここ半年の間に増え、楽しそうに練習に参加しています。


 そして、今回のような試合に参加して、「勝って喜ぶ」「負けて悔しがる」を繰り返していくうち

「勝ちたい!」、「もっと上手くなりたい!」と変わって行くことを期待しています。

 鳥羽の皆さん有難うございました。

     3位の優芽

 ドヤ顔でピースしてますが、優芽さん、貴女は2位(ピース)じゃなくて3位なんですけど(笑)




ハンガリー遠征 (平成26年11月15日・16日)

 東京で開催された、夏の全国少年大会。

 小学5.6年男子フルーレの部で4位までに入賞した選手がハンガリーへ遠征しています。

 そこに、岐阜から馬場俊輔、勅使河原明日架、松崎功之助の3人が参加しています。

 で!! 何時ものごとく??

   派遣しているハンガリーの特派員から現地の情報が送られてきました(笑)


 男子 2002/1/1生まれ以降の部で47名が出場したそうです。

   1位 馬場俊輔

   2位 森 大翔(和歌山)

   3位 松崎功之介

   3位 ハンガリーの選手

   5位 勅使河原明日架


 男子は4人参加している中で、4人全員が入賞!!

 凄いですね。俊輔は海外遠征初参加。

   自分の力を十分に?? 十二分??に 発揮した証拠ですね。

 みんな頑張りました。おめでとう!


 16日の日曜日は、もう一つ上のカテゴリーに出場するそうです!

 この勢いで今日の試合も頑張って欲しいですね!

     赤丸が俊輔でしょう
   目立つジャケットで正解ですね! 馬場さんのドヤ顔が目に浮かびます(笑)

     手前の選手が功之介

     明日架

     4人が入賞

     子ども達って不思議ですね
   こんな写真撮るほど仲良くなれるんです。

 




全国少年フェンシング大会(平成26年7月25日〜27日)

 大山崎町体育館で「第27回全国少年フェンシング大会フルーレ団体戦」が開催されました。


 岐阜にある3つのクラブは、それぞれのクラブでの練習に自由に参加できる環境にあります。

 そのため、3クラブを統一し、今後も日本フェンシング協会への登録を「岐阜県ジュニアクラブ」として、皆で協力し合い、助け合い、そして競い合おうと決め今回の団体戦に臨みました。


 小学5・6年男子の部で大垣フェンシングクラブで活動している馬場俊輔が、はしまモアで活動している勅使河原明日架、松崎功之助、田内稜太と組んで出場しました。


 この4人は7月の全国個人戦、俊輔は優勝、明日架が準優勝、功之助が3位、稜太が8位、そして昨年の大会で、混成ながら4・5・6・年男子のチームを優勝に導いた名将馬場監督!


 しかし結果は4位でした(汗)

 勝負の世界は難しおまんなぁ(苦笑)

 みなさん ご苦労様でした。

 今回はしまモア、養老で組んだ岐阜ジュニアクラブは、中学女子3位、小学4・5・6年男子4位、小学4・5・6年女子2位、小学1・2・3・年男子2位小学、1・2・3・年女子3位でした。

 パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ 


     全員で記念撮影

 




全国少年フェンシング大会(平成26年7月25日〜27日)

 地区の予選を経、それぞれの選手が出場権を勝ち得て参加する、小学生や中学生のメインとも言うべき全国少年大会が東京の駒沢公園の体育館で開催されました。


 そうです。

 昨年、中学男子フルーレの決勝で大垣クラブの伊藤拓真とはしまMOAの鈴村健太が戦ったあの全国大会です。   あれから一年が経つんですね。


 今回の大会、種別は小学5.6年男子のフルーレでしたが、昨年と同じ事が起きました。

 そう! 大垣クラブの馬場俊輔とはしまMOAの勅使河原明日架の決勝だったのです。

 手に汗握る、実にいいゲームでした。


 と言うわけで…、

 小学5.6年男子フルーレ  優勝  馬場俊輔

 パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ 


      

 今回の全国大会、岐阜勢は凄かった!

 各カテゴリーの最終順位は 東京都フェンシング協会 (試合結果)のサイトで確認できます。

 




フェンシング体験(平成26年5月10日)

 定期練習に来てもらえるスタッフが定着してきたこと。

 子ども達よりスタッフの人数が多い時があること(苦笑)※めったにありませんが。

 現在(2014年4月1日)、クラブのメンバーの最年少が小学6年であること、などなど。

 いろいろな事も考え、
  フェンシングの体験、クラブへの加入をいつでもできるように変更しました。



 いろんな方に見ていただいているようで、先月1件、今月1件の見学・体験希望がありました。

 ありがとうございます。


 如何わしいブログの更新に力を注いでいる場合ではないですね(笑)

 そんな体験の様子も「レポート」に掲載しPRすべきかな、と思い先日10日のフェンシング体験
の様子をアップすることにしました。


    

   左の子が今回体験をした福本君で、右の人は、優しい優しい馬場先生。



    

 本当だったら、この後の汗をかいて、ニコニコして、満足気な顔写真を載せるとPR効果も絶大
なんでしょうが、そこまでの時間がありませんでした(涙)



 フェンシングに関する道具(マスク、剣、ユニフォームほか)はお貸しします。
  ※サイズなどが合わない場合もありますが(汗)

 クラブへの加入は二の次!  しつこい勧誘は一切いたしませんよ(笑)

 まずは、フェンシングを体験してみてください。

 皆さんのご参加お待ちしてます!

 詳細は、当クラブの「クラブ」の「フェンシングの体験」に載っています。

 




第2回岐阜県Jr.フェンシング選手権大会兼全国大会岐阜県予選(平成26年4月20日)

 養老町の総合体育館で岐阜県ジュニアフェンシング選手権大会兼全国少年フェンシング大会

岐阜県予選が開催されました。


 今年7月に東京で開催される全国少年フェンシング大会は、出場の人数が決まっているため、

県内で予選を行う必要があるのです。

 日本フェンシング協会の登録人数の4割という人数の制限が。


 たとえば、岐阜県の中学生男子の登録人数が15人だとします。

 15人 × 0.4 = 6人

 つまり、岐阜県から出場できる中学生男子の人数は「6人」。

 4割に入るためにみんな頑張っているのです。

   ※5月31日現在の登録人数の4割と決まっています。


 結果は次のとおりでした。(3位入賞分)

   中学男子 2位  溝口 晴也

   中学女子 2位  北村 優芽

   中学女子 3位  鈴木  諒

   小学5.6年男子 優勝  馬場 俊輔


 岐阜県の4割が全国大会に出場できるとはいえ、代表として出場するのです。

 みんな 東京で大暴れしてくださいね。

      

 




Copyright(c) 大垣ジュニアフェンシングクラブ All Rights Reserved.