大垣のちびっ子たち 「垣っ子」 フェンサーのサイトです。

大垣フェンシングクラブ

「垣っ子」フェンサーは、今日も明るく、楽しく、元気よく練習に励んでます。

大垣フェンシングクラブカップ【大垣市民総合体育大会】(令和3年11月14日(日))

 大垣市総合体育館第1体育館で実施しました。

 今までは、練習日の夜に実施していましたが、コロナ禍で試合の機会が減っていること、12月に小学生の全国大会が開催されること、日々の練習の成果を発揮するためなど等の理由から、日中に開催しました。

 試合中の写真も、終わってからの集合写真もありません。すみません。

 【結果】

  小学生

  中学生

 前回は、特殊な、変則なルールで実施しましたが、今回はノーマルでした(苦笑)

 新調したジャージで集合写真撮りたかったのですが、持ってきてない選手も何人かいたので…。

第32回中四国少年フェンシング大会(令和3年10月24日)

 岐阜でも緊急事態宣言が解け、10月から練習が始まりました。

 そして、コロナ禍で数々の試合が中止や延期される中で、待望の試合も開催されました。

 関係者の皆さんのご尽力によるものですね。感謝感謝です。

 今回スタッフは帯同しませんでしたが、大垣から中学女子1名小学男子2名、計3名参加しました。

 【結果】

 小学5.6年 男子 2位 平墳 葵温(ひらつか りおん)

 パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

 スタッフの要望通り、新しいクラブのジャージ着てくれましたね。

 有難うございます。

第15回みのわもみじカップ(令和3年10月16日)

 岐阜でも緊急事態宣言が解け、10月から練習が始まりました。

 そして、コロナ禍で数々の試合が中止や延期される中で、待望の試合も開催されました。

 近隣県からのみ参加可、という条件がありましたが、緊急事態宣言解除直後の開催でもあり、開催有無について賛否があったのではないかと推察しています。

 検査キットによるPCR検査も初めて経験しました。

 関係者の皆さんのご尽力によるものですね。感謝感謝です。

 さて、大垣からは、ベンジャミンに男子1名、ミニムに男子6名、計7名参加しました。

 【結果】

 ミニム 男子 優勝 米山 怜旺

 ミニム 男子 3位 渡辺 陽斗

 ベンジャミン 男子 3位 米山 颯倭

 パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

 全カテゴリーの結果

 新しいクラブのジャージが間に合って良かったです。

 コロナ禍で敗退した選手は早々に退出してくださいとありましたが、追い出される事もなく、全員残ってくれて有難かったですね。

第60回中日本フェンシング選手権大会(令和3年6月12日・13日)

 毎年、シニアや高校生を対象に、知多市民体育館で開催していた大会が、今回、豊田市のスカイホール豊田で、小学生低学年、小学生高学年、中学生、高校生、シニアの5カテゴリーの男女計10種別で開催されました。

 シニアはランキングマッチだったので、東京オリンピックのメンバーやナショナルチームのメンバーも出場する、どえらい大会となりました。

 決勝戦は立派なステージで、youtube配信もされるという特典付き!

 恐るべし愛知、恐るべし富田先生って感じですね。

 小学生低学年、小学生高学年、中学生も参加できるので、大垣クラブとして、男子10名、女子3名の計13名が参加しました。

 地域によっては緊急事態宣言やまん延防止等特別措置が発令され、まだまだコロナ禍でもあり、想像していたより参加人数は少なかったかな?

 【結果】

 小学生低学年男子  米山 颯倭(小学3年)

 小学生高学年男子  米山 怜旺(小学6年)

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

 立派なステージ、立派なモニタ、インタビューにも対応する立派な選手。
 兄弟で優勝したのでステージに2人が立ちました。

 はしまMOAの村瀬先生が、新聞社に報告してくれました。(岐阜新聞の記事です。)

 全カテゴリーの結果

 コロナ禍での大会お疲れさまでした。

 コロナ禍での大会開催、本当に有難うございました。

令和3年度大垣フェンシングクラブカップ(令和3年5月16日(日))

 コロナ禍で各地の大会が規模縮小や延期、中止される中、選手のモチベーションが下がりっぱなし(汗)

 そんな状況を少しでも変えられればと、大垣クラブで交流試合を開催しました。

 経験年数の長い選手と短い選手の2つに分けた総当たり戦。

 ここまでは、よく有りがちですが、順位決定の方法を大きく変えました。

 4 - 4 の1本勝負で勝った数の多い選手が上位!

 5 - 0 で8勝全勝した選手 < 5 - 4 で1勝、0 - 5 で7敗した選手

 5 - 4 で3勝した中学生 < 5 - 4 で3勝した小学生

 1本勝負の全員の総当たり戦も考えたのですが、試合の進行が目まぐるしく、慌ただしいので悩んでいたところ、伊藤先生からナイスなアイディアいただきました。

 そんな試合の経験は管理人もありません。選手たちも当然初めてでしょう。

 対応や対策を考えてもらえるよう、早めにアナウンスしました。

 選手のみんなは、どんな気持ちで参加していたんでしょうね?

 【結果(経験年数短い部)】    経験年数短い部 結果

  1位 臼井 俊太郎

  2位 竹中 駿翔

  3位 蒲田 璃音

  3位 米山 颯倭

 【結果(経験年数長い部)】    経験年数長い部 結果

  1位 吉田京雅(岐阜クラブ)

  2位 米山怜旺

  3位 平墳葵温

 それぞれの総当たり表を見てみると、経験年数の短い部と長い部では、試合の進め方に違いがあるみたいですね。

 また、機会を見てやってみたいです。

2021 Spring Cup 岩国市フェンシング大会(令和3年4月24日(土)・25日(日))

 コロナ禍でいろんな制限がある中、大垣から1名参加しました。
 ※個人参加です。

 【結果】

 小学生高学年の部 男子 3位 平墳 葵温

 パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

 「まだまだ課題が残ることばかりでしたが、良い経験ができました。」と親さんからのコメント。

 コメントもさることながら、岩国の試合に参加する行動力、頭が下がります。

 おめでとうございます。そして、お疲れさまでした。

 敢えてお願いするんなら、大垣クラブのジャージを着て写真撮って欲しかったぁ〜!(笑)

Copyright(c) 大垣フェンシングクラブ All Rights Reserved.