頑張る大垣のちびっ子たち 「垣っ子」 フェンサーのサイトです。

”大垣フェンシングクラブ”

「垣っ子」フェンサーは、今日も明るく、楽しく、元気よく練習に励んでます。

1月20日(日) えっ?キューバ?

 現在、日本大学3年生として活躍している馬場晴菜。
 大垣クラブの卒業生です。

 先般の全日本選手権エペ女子個人では3位入賞するなど、国内でも活躍していますが、活躍の場を海外にも広げ、正に「世界を股にかけ」頑張っています。

 ついこの間まで、ワールドカップキューバ大会に参戦していました。
 その晴菜の写真が届いたのです。もちろん、大垣クラブ特派員 Bさんから。

 ふと思いました。「もしかして、Bさんキューバへ飛んだのか?」と(笑)
 特派員 Bさんならあり得るかも?と思うと、真実を知るのが怖くて本人に聴けません(爆)

馬場晴菜と宮田結衣

 そんな話は置いといて…、
 それは、ツーショットの写真でした。

 「えっ?結以ちゃん?、何でキューバに?」

 右が晴菜、左が結以ちゃんです。

 結以ちゃんは、岐阜で中学・高校とフェンシング部に所属し、明るく元気で、常に前向きで一生懸命、そして何より「フェンシングが好き!」って印象の子でした。

 現在は、海外青年協力隊でコスタリカに飛び、コスタリカチームの帯同でキューバ大会に参加しているのだそうです。

 そして、スペイン語がペラペラなんですって!

 管理人は、結衣ちゃんとfacebookで友達でしたから、海外に行っているのは知っていましたが、まさかコスタリカにいて、まさかキューバで晴菜と会うとは…(驚)
 特派員 Bさんもキューバで会ったの?と聞きたいけど、怖くて本人に聴けません(爆)

宮田結衣ちゃんたち

 凄いですねぇ。不思議なを感じます。

 「縁あれば千里隔てていても会いやすし」ってことわざありますが、千里どころじゃないですからね(汗)

 目標に向かって一生懸命頑張っている、同じもの同士が、お互い引かれあうのでしょうか?

 きっと、2人はニュータイプに違いありません(笑)

 日本のエペ女子のナショナルチームの皆と写真を撮ったそうです。

 実は、以前、管理人も、青年海外協力隊に関心があって、海外でフェンシングを普及してみたい、いろんなスポーツを教えてあげたいと思った時期もありました。

 でも、関心や興味があっても、行動に移さなかった管理人と関心や興味があって、実際に行動に移した結衣ちゃん。

 二人の違いは何だったのか?

 スペイン語さえマスターしようと意欲的な結以ちゃんと、日本語さえマスターしてない管理人の違いでしょうね(爆)

1月17日(木) 1月15日

 更新日が1月17日でタイトルが1月15日 紛らわしいですが(苦笑)

 1月15日が「成人の日」って知ってましたか? ふた昔ほど前は!(苦笑)
 (ハッピーマンデー制度で、2000年から1月の第2月曜日にかわりました。)

 1999年までは、20歳(ハタチ)の成人の日は、1月15日
 2000年からは、20歳(ハタチ)の成人の日は、1月の第2月曜日

 で、今度2022年4月1日から成人は18歳になりますね(汗)

 さて、成人の日の話から始まっちゃいましたが、1月15日は「イチゴの日」でした。

 イチゴと言えば、真っ先に思い出すのが、この時期、某焼肉有名店す●きの食後のデザートに出てくる「大きくて」「甘くて」「美味しい」 あれです(笑)

 あ〜、だからすず●に行ったんだ!と単純に考えないでくださいね(爆)

西橋農園

 ●ずきのイチゴは、滋賀県長浜市の「西橋農園」から取り寄せることを知っています。
 ※シーズン後半にはイチゴ狩りもopenします。

 長浜は遠くありません。時間ができたので、ちょっとそこまで買いに行きました(笑)

 イチゴの自動販売機で売っています。

 自販機にあったのは「紅ほっぺ」「かおり野」

西橋農園

 食べ比べしようと2種類を1パックづつ買いました。

 紅ほっぺ:「章姫」に「さちのか」を交配させた品種
 かおり野:三重県で約20年かけて開発した品種

 イチゴの品種を調べてみました。

 以前、静岡県産の代表品種は「章姫」でしたが、甘みがあって酸味が少ないので、返って飽きが来るのが早いとのことです。

 甘いだけの章姫は、甘みと酸味のある紅ほっぺに代表の座を奪われつつあるのだとか。

 管理人は、断然「章姫派」なんですが…(汗)

 人もイチゴも「酸いも甘いも噛み分けろ!」ってことですね。

1月14日(祝) 俊輔「大健闘」

 1月11日から今日の14日までの期間、東京の駒沢オリンピック公園体育館で「第26回JOCジュニア・オリンピックカップフェンシング大会」が開催されました。

 初日11日の夜、吉報が届いたのです。もちろん、大垣クラブ特派員 Bさんから(笑)

ジュニア男子フルーレ優勝馬場俊輔

 卒業生の馬場俊輔 ジュニア男子フルーレ優勝!

 パチパチパチパチパチパチパチ

 もしかして、13日のカデの部も優勝して 2階級制覇?

 期待にお腹が、いやいや(苦笑)、胸ふくらみましたが、そう簡単にはいきませんでした。

 それでも、優勝は逃しましたが「準優勝」ですよ!

 パチパチパチパチパチパチパチ

 「2階級制覇」の楽しみは次回に取っておきましょう!

 とは言え、ジュニアで優勝、カデで準優勝の馬場俊輔に対し、他の選手からのマークはどんどん厳しくなるでしょう。

 プレッシャーもあるでしょう。
 他の選手たちが対策を立ててきます。
 急成長の選手が現れることもあります。
 怖いのはハニートラップです。(無いない!(笑))

 そんな困難もはねのけ、乗り越え頑張れ俊輔!

 でも、最大の敵は、練習不足からくる「肥満」かもしれないなぁと、ついつい心配になってしまう管理人なのでした(汗)

 「アンタと一緒にすなっ〜!!!!」 ですね(笑)

1月13日(日) 初体験

 管理人、2019年に 齢 5●になるオヂちゃんなんですが、そんなオヂちゃんでも「初体験」ってあるんですよ。 知ってましたか?(笑)

 それは、1月1日の「川本先生を囲む会」で起きました。

 川本先生専用に出される「超高級神戸牛」を先生の知らぬ間につまみ食いをして、お〜〜〜〜っ!ってなるのは、「初体験」ではありません(苦笑)

 皆、ビールや烏龍茶を飲んでいたのですが「肉は赤ワイン」ってことになり、周りがワインを飲み始めたんです。

 管理人、アルコールは弱いんですが、興味津々、3種類ほど飲ませてもらいました。

 1種類目から始まり、段々グレードアップしていくのが管理人にもわかります。
 すずきで扱うワインは、どれも美味しいワインばかりです!

 最後に出てきた写真のワインを飲んでみると…、

 えっ?!

  先ほどのワインの方が…、
   深みがあってまろやかで…、
     美味しかったようなぁ…(汗)、

 なっ、何っ〜!(怒)と 大ブーイング!

 でも、誰かが「ワインは、空気に触れ、時間が経つと深みが出て、味もまろやかになるんですよ。」と言いました。

 そんな訳があるかい!と適当に聞き流していたのですが、時間にして20分ほどでしょうか、グラスに残っていた写真のワインを飲んでみると…、

 お〜〜〜〜っ!

 飲みすぎて味覚が麻痺したか?
 誰かグラスに薬でも入れたか?

 と思うくらい、まったくの別物に変わり、先のワインより美味しく感じました(驚)
 そんな事があるんですね。

 「初体験」でした。

 日を改め調べてみると、その関連の記事がたくさん載っていたんです。
 赤でも白でも、安い物でも高い物でも、時間が経つと味が変わるらしいですね。

 写真のワインも調べていて「あのワインのお金は誰が払ったんだろ?」と怖くなった管理人なのでした。

 知らぬが仏でしたね(汗)

1月9日(水) 復帰しました

 前ブログで家出したものの、結局このクラブのサイト(古巣)に戻ってきました(汗)
 今後とも宜しくお願いします。m(__)m

 さて、毎年恒例、1月1日の「川本先生を囲む会」は無事(??)終わりました。

 この、先生を囲む会も今年で9回目。
 来年は 「10th anniversary」です!!!

 毎年のことながら、休業日、それも元旦にお店を開けてまで、卒業生たちを招き入れてくれる鈴木社長の心意気には感謝感謝ですね m(__)m

 正月返上で段取りをしてくれる店長にも感謝感謝です。 m(__)m

 さて、お約束の集合写真のほかにもう1枚あります。

 この会は、高校時代、川本先生に教えてもらった部員が中心になって参加するんです。

 だから年齢の近いOBが集まるんですが、その中でも濃い(??)『年子(としご)』の兄弟が揃いました(笑)

 卒業年度だと歳がバレちゃいますね(笑)

 1歳からで例えると、右から1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳、8歳、13歳

 今でこそ気楽に喋って、肩組んで写真撮ってますが、その頃は、1歳違えば天国と地獄の体育会系(笑)。皆、身も心も丸くなって、え〜オヂちゃんになりましたねぇ〜(笑)

 そんな今年の囲む会は、お昼の1時過ぎに始まり、夜の10時には帰宅。

 以前は 11時から始まり、2次会、3次会で日をまたいだ時もありました(汗)

 川本先生を囲む会も、トイレに行く間隔も一緒ですね。

 年齢を重ねるごとに 「時間が短くなっていくぅ〜」です(笑)

Copyright(c) 大垣フェンシングクラブ All Rights Reserved.