頑張る大垣のちびっ子たち 「垣っ子」 フェンサーのサイトです。

”大垣フェンシングクラブ”

「垣っ子」フェンサーは、今日も明るく、楽しく、元気よく練習に励んでます。

3月17日(土) お別れ会

 土曜日の練習を早めに切り上げ、場所を移動して、クラブを卒業していく中学3年生のお別れ食事会を開催しました。
 (内容は「大会等の結果(平成30年度)」に載せました。)

 今年の主役は國枝契太1人。
 契太に会うのは、7月の全国大会以来ですかね。

四川料理「桃李」

 今回のお別れ食事会は、子どもたちが18人、保護者の皆さんが9人、スタッフ8人の計35人で、部屋いっぱいいっぱいでしたよ(汗)

 大垣フェンシングクラブは、最近、入会してくれる子どもが増えました。

 小学3年生や2年生の男の子が増えてきました。

 だから、元気で、騒がしい(汗)

 その子ども達が手持ち無沙汰になると、元気さ、騒がしさパワーア---------ップ!!(汗)

 パワーアップを避けるため(笑)予め、テーブルに飲み物や唐揚げ、フライドポテトを用意しておいてね!と予約時にお願いしてあったのですが…(汗)

 席に着いても「えっ?? 何も出てない(汗)」

 厨房も店員さんも他のお客さんの対応でてんやわんや(汗)

四川料理「桃李」

 取り敢えず、飲み物を先に出してもらいました。

 20分〜25分経って唐揚げ、フライドポテト、春巻き、エビチリなどが出てきてホッとしましたが(冷汗)

 この食事会で練習の時とは違う姿を垣間見ました。

 リーダーシップを発揮する子、
 大声出して取り合う子、
 こまめにお世話する子、
 真っ先に手を出して食べる子、
 喋らず黙々と食べる子など
 色々ですね。

 こっちの姿が本当の姿かも知れません(苦笑)

 さて、1時間もしてお腹も満たされてくると、眠くなる、うろうろする、チョッカイ出す、騒ぐなどの子が出てくるので、9時30分にはお開き。

 お開きの前に寄せ書きや記念品を渡し、契太から挨拶をしてもらいました。
 (それも「大会等の結果(平成30年度)」に載せました。)

 そして、契太から子ども達だけでなく、スタッフにも記念品が配られました。

 契太がひとり一人を呼んで配っています。

 「同じ物なんでしょ?」と思っていると…、

 一つ一つに「メッセージ」がついています。
 その「メッセージ」がひとり一人違うものなんです。

 「えっ??(汗)」

 管理人は、契太から「5年間いろいろお世話になり、ありがとうございました」と言葉を添えて記念品をもらいました。

 契太ひとりのアイディアじゃないそうですが、こうして一人ひとりに別々のメッセージを書き、みんなに手渡す姿を見ているとジーンと来るものがあります。

 契太も立派に成長したなぁ。
 契太も優しい男になったなぁ。
 契太も気遣えるようになったなぁ。

 契太が管理人のために書いてくれたメッセージを読もうとしました。

 しかし、字が霞んで読めないんです(涙)

 字が小さ過ぎるんです!(汗)
 字が大きくないと読めないんです!(汗)

 『契太!気遣えっ!』(爆笑)
 シニアグラスが必要にな管理人なのでした(汗)

3月10日(日) 鳥羽 丸栄

 今日は、鳥羽でパールカップが開催され大垣クラブから12人が出場しました。

 今回管理人は同行できず、他の人にお願いしました。

 大垣クラブにスタッフのLINEグループがあるので、結果や表彰式、集合写真などの情報が逐次届きます。

 で、その情報をもとに、こうして、ホームページに掲載できるんです。

 その分、管理人はプレッシャーがかかりますけどぉ(汗)

 今回の結果は「大会結果(平成30年度)」に掲載しました。

 さて、ご存知の方も多いでしょう。
 鳥羽の帰りは、どうしても亀山、四日市辺りの高速道路が渋滞します。

 渋滞の影響もあるでしょう、その区間で事故も多くなります。
 事故が起き渋滞の距離が長くなれば長くなるほど、めっちゃブルーになりますわ(汗)

 新名神高速道路として、新四日市JCT〜亀山西JCTが開通し、渋滞緩和の可能性も高くなるのですが、開通は3月17日の来週なんで、今日は渋滞に巻き込まれたでしょうね。

お食事処 丸栄

 大垣クラブM広報部長からこんな写真が届きました。

 御食事処「丸栄」海鮮丼

 以前、大会関係者に教えていただいたお店。

 以来、鳥羽パールカップの帰りに、よく立ち寄ります。

 日曜日ともなると、お昼の時間帯を結構ずらさないと、スンナリは入れないでしょうね。

 恐らく、大会が終わって、かなり遅い昼ごはんで立ち寄ったんでしょう。

 渋滞するだろうし「美味しい物でも食べて、慌てずて帰ってきてね!」とLINEにコメント載せようと思っていたら、その前に「美味しい物の写真」が届きましたよ(笑)

 『以心伝心』ってやつですね。

 さすがM広報部長!管理人の気持ちがちゃんと通じてます!

 しかし、この「美味しい物の写真」の意味って…、

 「美味しい物食べ、慌てず帰るよ!」って管理人を安心させるため?
 「鳥羽の丸栄で、美味しい海鮮丼を食べてきたぞっ!」って自慢?
 「海鮮丼の写真で、ちゃんとブログupしとけ!」ってプレッシャー?

 M広報部長の本心は伝わらず「疑心暗鬼」になる管理人なのでした(笑)

 まあ、冗談はさておき「帯同有難うございました。」 m(__ )m m( __)m

3月6日(水) 道

 「ミチ」と言えば、「ミッちゃん道々〜」のわらべ歌が浮かびます(笑)

 最近の子ども達は、このミッちゃんのわらべ歌知ってるのかなぁ(苦笑)
 青少年の健全育成を目的とする大垣クラブのブログには、そのわらべ歌の歌詞は載せられませんが…(笑)

 冗談はさておき「道」です。日本には、昔から「道」というものがあります。

 フェンシングも「騎士道」として、礼に始まり礼に終わるとか、礼儀を重んじると言われますが、別にフェンシングに限らずスポーツは、始まりや終わりに相手と挨拶するし、チームメイトや相手、審判を尊重する、道具を大切にするなど、それが当たり前のマナーやルールです。
 だから、管理人にとってはフェンシングは「騎士道」ではなく「スポーツ」ですね。

大垣市弓道協会弓道教室

 で、その道もいろいろあります。

  剣の道 → 「剣道」
  柔の道 → 「柔道」
  茶の道 → 「茶道」
  国の道 → 「国道」
(苦笑)
 などなど。

 そんな数ある道の中で、以前から「弓道」をやってみたい!と思っていました。何しろ、男性女性問わず、姿勢や立ち振る舞いなど、とにかく格好いいんです。

 自分の中で高まる「弓道熱」と、大垣市弓道協会開催する「弓道教室」の参加募集が合ったので、これも縁とばかりに申込んで参加しました。

 大垣市武道館で週一回の金曜日、19時からの2時間、計8回開催の教室でした。
 弓道は遠的と近的がありますが、弓道教室は近的(的まで28m)で行います。
 ※8回の教室としては終了しています。

 先生方も8回程度で習得できない事はご存じです。

大垣市武道館第3道場(弓道場)

 教室が終わっても週一回の練習できますよ!と勧めてくださいました。

 結局、8回では初歩的な技術さえ習得できないので、教室が終わっても、週一回、自主的に練習に参加している次第です(苦笑)

 教室中はもちろんですが、自主練習にも来ていただき、いろいろご指導いただいています。

 横で練習している企業の弓道部の皆さんも、姿勢や動作について話し合い、確認しながら、日々研鑽しているようでした。

 弓道部の皆さんに、いつも金曜日に会うので「金曜日は弓道部の合同練習日なんですか?」と聞いてみました。
 当たり前のように「毎日練習していますよ!」ですって!(汗)

 この人たちは弓道のほかに趣味とかないんでしょうか?(汗)

 てか、それ!高校の部活ですやんっ!?(驚)

 見るからに上手で、動作に無駄がなく、「さすが綺麗ですね」と知り合いの方に言葉をかけると「私なんかまだまだです!」なんですって!!(驚+汗)

 「正に道、終わりのない『弓の道』ですねぇ!」

 日々研鑽し、己に厳しい方たちの踏み入れる世界です(汗)
 弛(たゆ)まぬ努力、飽くなき向上心の積み重ねの世界です(汗汗)

 自分に甘い、趣味の多い管理人は、入っちゃいけない世界でした(笑)

 週一回の自主練もやれるだけやるかぁ!と開き直りつつ、己に負け、気持ちも萎え、練習に行かなくなり、フェードアウトしていくんだろうなぁ。

 それって 「ブログの更新と一緒だよね!」 (汗)
 ここブログの定期購読者や不定期購読者にはバレてます(笑)

2月28日(木) ラブレター

 来ました。管理人にも熱烈なラブレターが。

 「もうダメ!」 「止めて!」 「お願い優しく!」

 ラブレター見て、あの時の事を思い出し、自然と身体が熱く、固くなります。

 「カナダからの手紙」ならぬ「整骨院桜花からの手紙」(苦笑)

 管理人の手元に届いたラブレター、桜花のパンフレットはこんな内容。

整骨院桜花

 火曜と木曜は予約優先日
 水曜と土曜は完全予約の実費治療
 キッズスペースopen
 岐阜県フェンシング協会から感謝状授与

 国体フェンシング総合優勝の立役者は私(笑)
 私よりイケメンの患者は過酷な施術対応(笑)
 私への贈り物や袖の下は相談によりけり(笑)

 ※一部ノンフィクション 一部フィクションです。

 大学生や高校生、中学生など、大勢のアスリートが桜花に通っています。

 そんなアスリート達に交じって、アスリートには程遠い、アスリートには縁のない、たまにしか訪問しないおぢちゃんにもDM送ってくれるなんて。

整骨院桜花

 よほど施術のし甲斐のある患者なのか?(笑)
 よほど管理人の痛がる顔が見たいのか?(笑)

 管理人に聞いて欲しい悩みがあるのか?(爆)

 岐阜は、国体フェンシング競技で総合優勝の獲得回数が全国最多。

 その立役者は監督や選手ですが、その影で支えてくれる川瀬先生の貢献度はかなり大きいのです。

 そんな偉大な先生が、人知れず管理人に聞いて欲しい悩みがあるなんて…(笑)

 冗談はさておき(苦笑)

 実績のある凄い先生だからこそ、不調な時は桜花に行きたい。だけど行きたくない(汗)

 それが、冒頭の「自然と身体が熱く、固くなります」って気持ちなんです。

 息もできないくらい痛いのよ!
 すごく痛いから止めて欲しいのよ!
 もっと優しくして欲しいのよ!(笑)

 本当のところは、状態が酷くなって訪問すると痛い目に合うのですが、酷くなる前に定期的に通院すれば痛い目に合いません。

 また、先生は、身体が悲鳴を上げる前に自分でできるストレッチも教えてくれるので、日ごろから実践すれば、酷くならないんですね。

 しかし、油断は禁物。

 最初の通院から2〜3回すると慣れ、自宅でのストレッチの効果も現われ、痛みが収まってくると、先生から驚きの一言が。

 「じゃぁ、今日はMAXでやるよ!」

 「えっ?聞き間違い?」(先生、ドヤ顔になってない?(汗))

 何年も前から伝わる「整骨院 桜花」の都市伝説。

 - 院長の川瀬先生よりイケメンの患者は、容赦ない過酷な施術が待っている -

 だから管理人は標的なのかぁ〜っ!(爆)
 信じるか、信じないかは、あなた次第です(笑)

2月23日(土) 怖い怖い!

 管理人にとっての怖いもの。

 の花粉、の熱中症、の抜け毛(笑)
 そして年中では、すずきの高級なお肉綺麗な女性が怖い怖い(笑)

 意外にインフルエンザは怖くないんです。ここ数年、予防接種は打ってないし。
 だからインフルエンザにかかった時は、えらい目に遭いますが(汗)

 それが最近、冬の抜け毛のほかにも怖いものが増えたんです。

 冬になると、血の巡りが悪くなり、腰や足の指先が冷えカイロが恋しくなる、タイツ(いわゆるズボン下)が欲しくなる、冬の寒さです。

 そして、ちょっとお湯を使うと、指先や手の甲がパカッと割れる、手の甲などがカサカサして粉が吹き痒くなる、朝起きると喉が渇いて、イガイガして痛くなる、冬の乾燥です。

塗り薬ユースキン

 今日は特に乾燥していたそうです(汗)

 気合いだけでは乗り越えられなくなってきましたよぉ(苦笑)

 寒さは服を着たり、カイロ貼って凌げますが、乾燥は、早め早めに対応しないと、後々エライ目に遭います(汗)

 薬局でユースキンを、無印良品でホホバオイルを買い、
 就寝時のベットや仕事中の机の横に濡れたタオルを下げ、
 家でも仕事場でも霧吹きを置き、必要時にシュッシュして、

 数年前には考えられないような、薬や物に頼る生活を強いられています(汗)

 仕事場では、濡れたタオルや霧吹きの他に「即席加湿器」を置く念の入れよう(笑)

加湿グッズ

 【即席加湿器の作り方】(笑)

 1.ドリップ式のコーヒーを作る
 2.ドリップ式のコーヒーを飲む
 3.マスを用意する
 4.コーヒーの残りカスをマスに入れる  完成!(笑)

 五勺マスにドリップ2杯分の残りカスを使っています。
 それが、夕方にはカサカサになるくらい、事務所の中は乾燥している、ってことですね(汗)

 若い頃は全然気にならなかった、全然気にしていなかった事が、年々増えてきました。

 潤いがなくなってきました。
 肌がカサカサしてきました。
 油分が不足してきました。

 だけど、お腹や顔、腕にたっぷりある油、てか脂や肪が減らないのは何故?(爆)

 仕事では「油がのらず」身体に「油がのる」管理人なのでした(苦笑)
 お後がよろしいようで。

2月18日(月) 焼肉「ぼたん」

 DFです。
 ギャル語で「だいぶん(D) 太った(F)」 ※そんなギャル語ありませんが(笑)

 ダイレクトメールならぬダイレクトファックス。
 本来は、複合機を使ってパソコンから直接ファックスする事を意味するそうです(汗)

飛騨焼肉・ホルモン ぼたん

 突如、勤務先にファックスが届きました。

 「えっ?マジですか?」 本当に驚きました。

 誰も登録や連絡していないのに勝手に送られたようです。

 でも、本当に驚いた理由はそこじゃないんです。偶然にも、1週間後このお店に行く約束をしていたのです。

 何という偶然! やっぱり神様っているんですね(笑)

 毎年、雪やインフルエンザで大垣クラブ交流会の主催者に迷惑かけているからってことで、神様からの迷惑料かも?(爆)

 もちろん活用しました。

 『チャンスは最大限に生かす、それが私の主義だ』 by ジャア・アズナブル(笑)

飛騨焼肉・ホルモン ぼたん

 行ってきた報告です。
 (前振り長いですね。 m(__)m)

 お店に入って予約の名前を告げ、店員さんに案内してもらい、奥の掘りこたつ式の部屋に入りました。

 店長の方針なのか、なぜか、店員さんは可愛らしい女の子ばかりなんです。

 また来よう!と思いました。単純ですね(笑)

 で、席に着き、チラシを見せてビールを注文しました。

 安いだけに「1杯100円って、もしかして発泡酒なんじゃない?」て聞くと「いや、モルツです!」と自信満々の返事。

 恐るべし「冬の大還元祭」(笑)1時間限定とは言え、凄いコスパです。

飛騨焼肉・ホルモン ぼたん

 頑張って、1時間で生中4杯も呑んじゃいました(汗)

 もちろんお肉も注文します。写真は、ハラミ・アカ・シロと言われるお肉。奥にあるのがカルビ

 管理人は鍋奉行ならぬ焼き奉行に徹します。
 焼いて配り、焼いて配り、焼きまくり配りまくる!(笑)

 100円ビールの時間は終了しましたが、その後も1時間程呑んで食べて酔っぱらいました(笑)

 ただ、「冬の大還元祭」で安くビールの呑んでいた割には、お肉をたくさん注文したのか、一人当たりは結構な金額になっちゃいました(汗)

 そもそも、それがお店の狙いなのかも知れません(苦笑)

 店長さんのドヤ顔が目に浮かぶようです。
 きっと『チャンスは最大限に生かす、それが私の主義だ。』と言ってるでしょう(爆)

 このお店は2通りのシステムがあって、今回利用した奥の席は普通に注文するのですが、店内手前の席は、時間制飲み放題+セルフサービスって変わったシステムになってます。

 次回は、手前のセルフサービスのシステムを利用してみたいですね。

 呑んで、食べて、喋って、笑って、焼いて(笑)「あっ」という間の2時間。
 いい仲間に恵まれ楽しいひと時でした。

 その晩「意気揚々」の管理人、翌朝、健康診断だったことを思い出し「意気消沈」になったのは言うまでもありません(汗)

2月14日(木) 和歌山遠征

 無事、和歌山遠征から帰ってきました。
 現実逃避から戻ってきてしまいました(苦笑)

 さて、大垣からは、ミニムに男女1人づつの2人が参加しました。

 良いところも出て、悪いところも出て、成長する部分も見られ、後戻りする部分も見られ、日ごろの練習の成果やこれからの練習の課題も見えてきます。

 選手たちも勉強が大切ですが、指導者も勉強が必要ですね。
 これからの練習に役立ていきたいです。

 遠征って大事です。
 遠征って大切です。

 さてさて、ここからが管理人のblog(笑)

 毎年のこの和歌山遠征で、管理人が心がけている事があります。

 それは…、

 1)恩師K先生や大垣クラブ広報部長M先輩の重鎮を、和歌山まで送迎する!
 2)滞在中は、恩師K先生や大垣クラブ広報部長M先輩コバンザメになる!(笑)

 二人と行動を共にすると、もれなくK先生の大学の後輩S先生、M先輩と大学の同期M先輩方の手厚いおもてなしを受けられるんです(笑)

パン工房kawa

 和歌山の酸いも甘い知り尽くした、お二人のおもてなしです。

 美味しい魚、果物、お菓子が大判小判のように出てきます。

 これは、「パン工房kawa」生クリームサンド

 遠征先でこんないい思いができるなんて、
 和歌山を知り尽くしたお二人と深くつながっているなんて、

 K先生やM先輩の顔が打ち出の小づちに見えます(笑)
 二人の送迎なんてお茶の子さいさい!

 夜は夜で美味しいお店へ

銀平 匠

 「銀平 匠」の刺身の盛り合わせ

 海のない岐阜県。

 岐阜人には「海」「旬の魚」「刺身」「海産物」ってワード興奮します(笑)

 太刀魚の刺身とか太刀魚の炙りなんて出てきた時にゃぁ、生唾ものです(爆)

 写真はないですが、ハタハタの煮つけ、アナゴの天ぷら、鯛めしなど出ました。

 もちろんお昼ご飯も食べますから、リサーチして美味しいお店に行きます。

中華そば かわせ

 車で移動できる強みですね。

 「中華そば かわせ」

 店内での撮影禁止でした(涙)

 +うるさい子どもダメ
 +麺の固め柔らかめダメ
 +ネギの多め少なめダメ

 でも、そんなダメダメづくしの貼り紙からは想像できない、優しそうなお婆ちゃんと息子さんらしき口数の少ない店主なんですけどね。

 メニューは「中華そば」「中華そばW」「特製中華そば」「特製中華そばW」の4種類のみ。

 目前に置かれた中華そばは独特で、和歌山ラーメンとは似ても似つかないタイプ。

 「美味しい!」 汁まで完食したのは言うまでもありません。
 お店を出てきたオッサンに声かけたのですが、もう30年以上通ってるよ!って返事。

 来年の和歌山遠征でも来たいと思えるお店です。

 和歌山遠征で管理人の胃袋に納まった、美味しい食べ物の数々。それらの全てを写真には納められませんでした。

 ブログに載せようといろいろな写真、何枚もの写真撮っても、その時の味や、舌触り、同席した人との楽しい雰囲気や会話までも撮れません。

 それよりも、一緒にいる人たちとの時間を大切にした方がエエんじゃないかと思いました。

 大学を卒業して30年40年経ってもなお、楽しい時間が過ごせる、思い出話に華が咲く、よい関係のK先生とS先生、M先輩とM先輩。

 そんな人たちをモニタリングして、羨ましくもあり、妬ましくもありました。

 人の縁って大事です。
 人の縁って大切です。

 人の縁や目上の人の大切さをコンコンと教え込み、老後の面倒を見てもらおうと企む管理人なのです(笑)

2月8日(金) 重圧からの逃避

 2月の上旬、管理人にはある重圧が待ち受けていました。
 「詳しくはwebで!」ならぬ「詳しくは 1/27のblogで!」(汗)

大垣徳洲会病院

 ここは、大垣徳洲会病院の健診センターの入口。

 年一回の恐怖の「健康診断」(笑)

 この入口に来ると、水前寺清子の「365歩のマーチ」が思い浮かびます。

 幸せは 歩いてこない だから 歩いて行くんだね
 1日1歩 3日で1歩 3歩進んで 3歩下がる

 『牛歩のマーチ』です。 前に進みたくないんです!!(苦笑)

 「血液採取」「体重測定」「腹囲測定」が嫌なんです。

 今回、コレステロール値はどうだったんだろうか?
 前回より体重は増えているんだろうか?減っているんだろうか?
 前回より腹囲の数値は増えているんだろうか?減っているんだろうか?
 腹囲を測定する人は綺麗なお姉さまだろうか?年配のオバさまだろうか?(笑)

 醜い、出っ張ったお腹を綺麗なお姉ちゃんに見せるのが嫌なんです。

 だから「日ごろから節制しなさい!」って話なんですけど(笑)
 だから「測定は年配のオバさまにして!」って話なんですけど(爆笑)

 冗談はさておき、

 結局、自覚しているだけに肥満って結果を見るのが嫌なんですよねぇ。

 それに、肥満解消のための保健師さんとの保健指導が苦痛なんです(笑)

 「運動しましょう」
 「塩分は少なくしましょう」
 「辛い物は控え目にしましょう」
 「間食は控えましょう」
 「休刊日をつくりましょう」
 「規則正しい生活をしましょう」

 しましょう、しましょう、しましょう、しましょう、って…。

 「ましょう」だけに、保健師さんが魔性の女に見えてきます。(寒っ!)

 何が苦痛かって、その提案の数々が、我慢しなさい!止めなさい!って言われているような気になるんですわ。

 「ラーメンの汁」「キムチ」「すずきの肉やワイン」「深夜練」「深夜のブログ更新」

 我慢できますか?止められますか?

 ブログの更新は我慢できます、止めてもいいです(笑)

 それって、現実逃避 ?(笑)

 逃避ついでに、明日から和歌山遠征(西日本大会)に行ってきます。
 逃避ついでに、美味しいお酒、海の幸、ラーメン堪能してきます(笑)

 ☆☆ 番外編 ☆☆

大垣徳洲会病院

 さすが、私設の病院です。

 検査を待つ待合室の横に寛げるスペースがあり、コーヒーミネラルウォーターが飲めるようになっています。

 管理人は利用しませんでしたが、コーヒー飲んで寛いでいる人が2〜3人みえました。

 殆どの皆さんは検査が終わるとそそくさと帰ります。ここでゆっくり、のんびり寛ぐって気分じゃないですよねぇ〜(汗)

 実際、管理人も、気になるものの、健康診断が終了したら着替えてそそくさと帰りました。

2月6日(水) おにぎり

 商品のネーミングって、インパクトを与え、興味をそそり、買ってもらうための大事な要素。

 そんなインパクトある商品がローソンから発売になりました、とラジオで聴きました。

 『あくまのおにぎり』

 ラジオって、災害時に力を発揮するし、イマジネーションが膨らむなどのメリットがありますが、視覚に訴えられずしっかり伝わらないなどのデメリットもあります。

 管理人もイマジネーションが膨らみました(笑)

 「あ、熊のおにぎり?」
 「悪魔の鬼切り?」

 少し話を盛りましたが(苦笑)、「悪魔のおにぎり」って聴いたものの、最初、商品に「悪魔」って名前を付ける訳ないじゃん!と思いましたね。

 結局のところは「美味しすぎて、ついつい食べ過ぎてしまう」ことからネーミングされたこのおにぎりは、白出汁で炊いたご飯に、いか天入りの天かす・青のり・天つゆを混ぜ込んだ、うまみたっぷりのおにぎりなんですって!

 これは食べてみるしかないな!ってことで、それから何度もローソンのおりぎりコーナーを覗くけど「売り切れ」ばかり。

悪魔のおにぎり

 やっとの思いでget!!しました。
 憎めないパッケージですね(笑)

 やみつき注意!と訴えかけてきます(笑)

 期待して食べてみました。

 『まいう〜!』『いい味してるう〜!』

 (だけど、何か味薄い?!)

 赤だし、台湾ラーメン、味噌煮込みうどん、キムチなどの濃い味に慣れてしまい、薄いと感じるのかなぁ?

 年齢も年齢。
 管理人の年齢ともなると、糖尿病や高血圧、脂質異常症の生活習慣病と隣り合わせ。

 だから、この悪魔のおにぎりが教えてくれてるのかもね(苦笑)

 たかが おにぎり、されど おにぎり。

 「一触即発」ならぬ「一食即発」

 皆さんも気を付けましょう。

1月31日(木) 第24代主将参上!

 今回のブログも「交流会ネタ」です。
 今回の交流会は嬉しいことがありました。vol.2

 まずは、間違い探しから(笑)

 2枚の写真を見て、何か違いに気づきますか?
 (写真を撮った管理人の腕前は別にしてくださいね。)

 後方からオーラ?妖気?が出てます(笑)
 やたらガッツボーズに力が入ってます。
 やけにトリコロールジャージが似合ってます。

 そう、真希の代わって写っている、ロマンスグレーのこのおぢチャン(笑)

 中京大フェンシング部第24代主将を務め、
 愛知桜丘高をインターハイ準優勝に導き、
 エペで二千花を、サーブルで陽太を育てた、

 豊橋?愛知?東海?日本?のカリスマ、

 中京大学フェンシング部監督にして、
 トリコロールの虜(とりこ)こと! 寒っ!

 尾矢 晃さんです!

 何で尾矢さんがトリコロールの虜かって?

 とは、フランスの国旗のように、白、の三色旗のこと。

中京大学フェンシング部部旗

 中京大学スクールカラーもトリコロールで、当然、写真のようにフェンシング部の部旗もトリコロール。

 中京大学フェンシング部への熱い思い →
 大学カラーのトリコロールへの熱い思い →
 トリコロールのとりこ  プッ!!

 そんな図式になっていく訳です。

 気づくと、大垣クラブのジャージもトリコロール配色じゃー、あーりませんか。

 ジャージの配色なんて、意識していませんでしたが、第24代主将のトリコロールに対する熱い思いは、第26代主将の管理人に潜在的に、知らぬ間に受け継がれていたのかも(笑)

 ていうか、それって『洗脳』じゃねぇ?(爆)

 トリコロールカラーのジャージを着て、卒業生たちと記念撮影したので、そこに交じって尾矢さんとも撮りました。(子ども達は「誰だろう?」と思ったかも知れませんね。)

 ここ数年、大垣の交流会に顔出していなかったのに、この日、撮影の時間や場所を知っていたかのように、ふらっと現れた尾矢さん。

 大垣クラブのジャージの出すオーラ?妖気?が引き寄せた?(笑)

 中京大フェンシング部 第24代と第26代主将のツーショット
 卒業してから年数が経てば経つほど、こういった、先輩との写真は嬉しいものです!

 そんなトリコロール愛に満ち溢れた尾矢さん。
 そんなトリコロールへの思いが強い尾矢さん。
 そんな後輩の26代主将を洗脳した尾矢さん(笑)

 そんな尾矢さんに、大垣のブログの「間違い探し」ネタで写真を使ったこと、「妖気」「おぢチャン」ネタでウケを狙ったことなんて言えますか?

 北島康介さん風に、

 「何も言えねぇ!」(笑) 所々、ヨイショしてますの許してください! m(__)m

1月27日(日) 更なる重圧!

 第10回大垣ジュニアフェンシングクラブ交流会、無事終了しました。

 結果や入賞者の写真、管理人の思い、お礼などは「クラブ交流会」に掲載しました。
 よかったら、そちらも覗いてくださいね。

 さて、今回の交流会は嬉しいことがありました。 vol.1

 現在、大垣南高校で活躍するクラブの卒業生、晴也、優芽、俊輔がて来てくれたこと。

 そして、現在、日大4年で卒業を間近に控え、JDを満喫してる、同じくクラブの卒業生、伊藤真希が交流会のために東京から駆けつけてくれたこと(笑)

 嬉しさのあまり、表彰式での賞状授与を4人にお願いしました。

 優勝者の賞状読み上げ、副賞のお米5kg(松岡広報部長提供)を渡す大役を晴也が務めてくれましたよ。

 その時の証拠写真は、今、管理人の手元にありませんが、4人揃った証拠として、そして、クラブのみんなが大勢揃ったこともあり、大垣ケーブルテレビからいただいたジャージで集合写真を撮っちゃいました。

 管理人なりに今回の交流会は満足感ありましたよ。

 前日までのいろんな思いがあり、無事終了して気が緩んだのもあるんでしょうかね(苦笑)

 そう、前日までのいろんな思い。

 毎年の「大雪」という怨念からくる悲壮感

 インフルエンザ流行の影響を受けるかも知れないという緊張感

 前日の会場設営ができない上、過去最大の申込者数による不安感

 いろんな思いと闘ってきましたが、今日でそれも終わりです(笑)

 でも…、

 大きな声では言えませんが、管理人には、更なる重圧が待ち受けています。

 この交流会で受けた「悲壮感」「不安感」「緊張感」なんて比べ物にならない重圧が!

 そう!「健康診断」と言う重圧(爆笑)

 あぁ、コレステロール値が…、 あぁ、血圧が…

 まぁ「日頃から節制しとけ!」って話なんですけどね(汗)

1月25日(金) 怨念?

 管理人は大きな声で言いたい!

 管理人は凄く怒っている! とても腹が立っている!

 「天気の神様のバカ〜っ!(涙)」

 今回の敵はインフルエンザだけだと思っていました。
 今年はの心配をしなくていいと思っていました。

 昨日までは!

 ところが…、

 yahoo!の天気予報を見てみると、明後日、27日()の前日、それも夜中に得体の知れない記号が!(汗)

 「・・・・・。」

 インフルエンザの場合は、なってしまったものは仕方がないと諦めもつくでしょう。

 しかし、雪は、運転も大変だし、スピードも遅くなり時間もかかるし、渋滞や通行止めの心配もある。

 夜中の雪で、明け方凍結の心配もあります。

 何より、運転手や選手が事故に遭う可能性もあり、一人だけでは済まないのですよねぇ(汗)

 「天気の神様のバカ〜っ!(涙)」

 少々到着が遅れるくらいは対応いたします。
 当日キャンセルもご心配なく。
 運転手や子ども達の安全を最優先にお考えください

 「怨念がおんね〜ん!」(管理人は笑えません!)

 管理人以外に心がけの良くない人がきっといる!  間違いない!

1月24日(木) 辻秀一先生

注:辻先生の「辻」は2点ではなく1点のしんにょうです。

 昨年、機会あって辻秀一先生の「スポーツ心理学に学ぶ、子どものこころの育て方」」という題名の研修に参加しました。

 冒頭、先生がメンタルトレーナーとして携わるチームや選手の中で、フェンシングのジャパンのユニフォームを着た女子が紹介されました。
 「彼女は高校生ながら、先日行われた全日本でエペという種目で入賞した!」と。

 調べたのですが、その選手はおそらく慶応義塾女子高校の原田さんです。

 現金な管理人、フェンシングの選手にも関わっているのかぁと興味津々、熱心に聞き入ったのは言うまでもありません。
 影響受けやすいタチなんです(笑)

スラムダンク勝利学

 研修の内容は、辻先生が好きなバスケットボールを題材にした「スラムダンク」のマンガの要所を取り上げ進んでいきました。
 ※管理人は、スラムダンクは読んだことありませんでした(汗)

  自分で上機嫌を作る
   愚痴や文句は大敵
    目標を持ちあきらめない
     好きと得意は違う  etc etc

 思わず、先生の著書「スラムダンク勝利学」買っちゃいました。
 影響受けやすいタチなんです(笑)

 クラブの子ども達は、フェンシングに限らずそれぞれに目的や目標を持ち、考え、学び、努力し、迷い、失敗もし、あきらめず練習しています。

 だから、おとなも選手達と一緒で、共に考え、共に学び、共に努力し、共に迷い、共に失敗もし、共にあきらめちゃいけないんですよね。
 (コブクロの「永遠にともに」みたいになっちゃいましたが。)

 興味がある方は読んでみてください。管理人おすすめの1冊です!
 先生のオフィシャルサイトもあります。

 でも…、

 この研修の最後の方で辻先生は「人間は1か月もすると95%は忘れてしまうものだ!」とも話していました。

 さて、あの研修から1か月。

 思い返してみると、今回の研修で忘れなかった5%の部分が肝心な話ではなく、「人間は1カ月すると95%は忘れる」って内容だった管理人なのでした(爆笑)

 そう言えば、高校時代、1年先輩のSさんから「あんな事」「こんな事」されたなぁ。

 1か月どころか、30年経った今でも忘れてない事はありますね(笑)

1月20日(日) えっ?キューバ?

 現在、日本大学3年生として活躍している馬場晴菜。
 大垣クラブの卒業生です。

 先般の全日本選手権エペ女子個人では3位入賞するなど、国内でも活躍していますが、活躍の場を海外にも広げ、正に「世界を股にかけ」頑張っています。

 ついこの間まで、ワールドカップキューバ大会に参戦していました。
 その晴菜の写真が届いたのです。もちろん、大垣クラブ特派員 Bさんから。

 ふと思いました。「もしかして、Bさんキューバへ飛んだのか?」と(笑)
 特派員 Bさんならあり得るかも?と思うと、真実を知るのが怖くて本人に聴けません(爆)

馬場晴菜と宮田結衣

 そんな話は置いといて…、
 それは、ツーショットの写真でした。

 「えっ?結以ちゃん?、何でキューバに?」

 右が晴菜、左が結以ちゃんです。

 結以ちゃんは、岐阜で中学・高校とフェンシング部に所属し、明るく元気で、常に前向きで一生懸命、そして何より「フェンシングが好き!」って印象の子でした。

 現在は、海外青年協力隊でコスタリカに飛び、コスタリカチームの帯同でキューバ大会に参加しているのだそうです。

 そして、スペイン語がペラペラなんですって!

 管理人は、結以ちゃんとfacebookで友達でしたから、海外に行っているのは知っていましたが、まさかコスタリカにいて、まさかキューバで晴菜と会うとは…(驚)
 特派員 Bさんもキューバで会ったの?と聞きたいけど、怖くて本人に聴けません(爆)

宮田結衣ちゃんたち

 凄いですねぇ。不思議なを感じます。

 「縁あれば千里隔てていても会いやすし」ってことわざありますが、千里どころじゃないですからね(汗)

 目標に向かって一生懸命頑張っている、同じもの同士が、お互い引かれあうのでしょうか?

 きっと、2人はニュータイプに違いありません(笑)

 日本のエペ女子のナショナルチームの皆と写真を撮ったそうです。

 実は、以前、管理人も、青年海外協力隊に関心があって、海外でフェンシングを普及してみたい、いろんなスポーツを教えてあげたいと思った時期もありました。

 でも、関心や興味があっても、行動に移さなかった管理人と関心や興味があって、実際に行動に移した結以ちゃん。

 二人の違いは何だったのか?

 スペイン語さえマスターしようと意欲的な結以ちゃんと、日本語さえマスターしてない管理人の違いでしょうね(爆)

1月17日(木) 1月15日

 更新日が1月17日でタイトルが1月15日 紛らわしいですが(苦笑)

 1月15日が「成人の日」って知ってましたか? ふた昔ほど前は!(苦笑)
 (ハッピーマンデー制度で、2000年から1月の第2月曜日にかわりました。)

 1999年までは、20歳(ハタチ)の成人の日は、1月15日
 2000年からは、20歳(ハタチ)の成人の日は、1月の第2月曜日

 で、今度2022年4月1日から成人は18歳になりますね(汗)

 さて、成人の日の話から始まっちゃいましたが、1月15日は「イチゴの日」でした。

 イチゴと言えば、真っ先に思い出すのが、この時期、某焼肉有名店す●きの食後のデザートに出てくる「大きくて」「甘くて」「美味しい」 あれです(笑)

 あ〜、だからすず●に行ったんだ!と単純に考えないでくださいね(爆)

西橋農園

 ●ずきのイチゴは、滋賀県長浜市の「西橋農園」から取り寄せることを知っています。
 ※シーズン後半にはイチゴ狩りもopenします。

 長浜は遠くありません。時間ができたので、ちょっとそこまで買いに行きました(笑)

 イチゴの自動販売機で売っています。

 自販機にあったのは「紅ほっぺ」「かおり野」

西橋農園

 食べ比べしようと2種類を1パックづつ買いました。

 紅ほっぺ:「章姫」に「さちのか」を交配させた品種
 かおり野:三重県で約20年かけて開発した品種

 イチゴの品種を調べてみました。

 以前、静岡県産の代表品種は「章姫」でしたが、甘みがあって酸味が少ないので、返って飽きが来るのが早いとのことです。

 甘いだけの章姫は、甘みと酸味のある紅ほっぺに代表の座を奪われつつあるのだとか。

 管理人は、断然「章姫派」なんですが…(汗)

 人もイチゴも「酸いも甘いも噛み分けろ!」ってことですね。

1月14日(祝) 俊輔「大健闘」

 1月11日から今日の14日までの期間、東京の駒沢オリンピック公園体育館で「第26回JOCジュニア・オリンピックカップフェンシング大会」が開催されました。

 初日11日の夜、吉報が届いたのです。もちろん、大垣クラブ特派員 Bさんから(笑)

ジュニア男子フルーレ優勝馬場俊輔

 卒業生の馬場俊輔 ジュニア男子フルーレ優勝!

 パチパチパチパチパチパチパチ

 もしかして、13日のカデの部も優勝して 2階級制覇?

 期待にお腹が、いやいや(苦笑)、胸ふくらみましたが、そう簡単にはいきませんでした。

 それでも、優勝は逃しましたが「準優勝」ですよ!

 パチパチパチパチパチパチパチ

 「2階級制覇」の楽しみは次回に取っておきましょう!

 とは言え、ジュニアで優勝、カデで準優勝の馬場俊輔に対し、他の選手からのマークはどんどん厳しくなるでしょう。

 プレッシャーもあるでしょう。
 他の選手たちが対策を立ててきます。
 急成長の選手が現れることもあります。
 怖いのはハニートラップです。(無いない!(笑))

 そんな困難もはねのけ、乗り越え頑張れ俊輔!

 でも、最大の敵は、練習不足からくる「肥満」かもしれないなぁと、ついつい心配になってしまう管理人なのでした(汗)

 「アンタと一緒にすなっ〜!!!!」 ですね(笑)

1月13日(日) 初体験

 管理人、2019年に 齢 5●になるオヂちゃんなんですが、そんなオヂちゃんでも「初体験」ってあるんですよ。 知ってましたか?(笑)

 それは、1月1日の「川本先生を囲む会」で起きました。

 川本先生専用に出される「超高級神戸牛」を先生の知らぬ間につまみ食いをして、お〜〜〜〜っ!ってなるのは、「初体験」ではありません(苦笑)

 皆、ビールや烏龍茶を飲んでいたのですが「肉は赤ワイン」ってことになり、周りがワインを飲み始めたんです。

 管理人、アルコールは弱いんですが、興味津々、3種類ほど飲ませてもらいました。

 1種類目から始まり、段々グレードアップしていくのが管理人にもわかります。
 すずきで扱うワインは、どれも美味しいワインばかりです!

 最後に出てきた写真のワインを飲んでみると…、

 えっ?!

  先ほどのワインの方が…、
   深みがあってまろやかで…、
     美味しかったようなぁ…(汗)、

 なっ、何っ〜!(怒)と 大ブーイング!

 でも、誰かが「ワインは、空気に触れ、時間が経つと深みが出て、味もまろやかになるんですよ。」と言いました。

 そんな訳があるかい!と適当に聞き流していたのですが、時間にして20分ほどでしょうか、グラスに残っていた写真のワインを飲んでみると…、

 お〜〜〜〜っ!

 飲みすぎて味覚が麻痺したか?
 誰かグラスに薬でも入れたか?

 と思うくらい、まったくの別物に変わり、先のワインより美味しく感じました(驚)
 そんな事があるんですね。

 「初体験」でした。

 日を改め調べてみると、その関連の記事がたくさん載っていたんです。
 赤でも白でも、安い物でも高い物でも、時間が経つと味が変わるらしいですね。

 写真のワインも調べていて「あのワインのお金は誰が払ったんだろ?」と怖くなった管理人なのでした。

 知らぬが仏でしたね(汗)

1月9日(水) 復帰しました

 前ブログで家出したものの、結局このクラブのサイト(古巣)に戻ってきました(汗)
 今後とも宜しくお願いします。m(__)m

 さて、毎年恒例、1月1日の「川本先生を囲む会」は無事(??)終わりました。

 この、先生を囲む会も今年で9回目。
 来年は 「10th anniversary」です!!!

 毎年のことながら、休業日、それも元旦にお店を開けてまで、卒業生たちを招き入れてくれる鈴木社長の心意気には感謝感謝ですね m(__)m

 正月返上で段取りをしてくれる店長にも感謝感謝です。 m(__)m

 さて、お約束の集合写真のほかにもう1枚あります。

 この会は、高校時代、川本先生に教えてもらった部員が中心になって参加するんです。

 だから年齢の近いOBが集まるんですが、その中でも濃い(??)『年子(としご)』の兄弟が揃いました(笑)

 卒業年度だと歳がバレちゃいますね(笑)

 1歳からで例えると、右から1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳、8歳、13歳

 今でこそ気楽に喋って、肩組んで写真撮ってますが、その頃は、1歳違えば天国と地獄の体育会系(笑)。皆、身も心も丸くなって、え〜オヂちゃんになりましたねぇ〜(笑)

 そんな今年の囲む会は、お昼の1時過ぎに始まり、夜の10時には帰宅。

 以前は 11時から始まり、2次会、3次会で日をまたいだ時もありました(汗)

 川本先生を囲む会も、トイレに行く間隔も一緒ですね。

 年齢を重ねるごとに 「時間が短くなっていくぅ〜」です(笑)

Copyright(c) 大垣フェンシングクラブ All Rights Reserved.